アフィリエイトで使えるアクセス解析ツール【i2iアクセス解析】の導入と使い方

ご登録はこちらをクリック


i2iアクセス解析の登録手順

まずは、Googleでi2iアクセス解析を検索します。

赤枠内の新規登録をクリックします。

個人情報取り扱いに同意するにチェックを入れた後、一番下部の赤枠内の【認証メールを送る】をクリックします。

そうすると送信完了の画面が表示されます。

i2iアクセス解析の仮登録完了のお知らせのメールが届きますので、赤枠内をクリックします。

次に i2i ID本登録完了のメールが届きます。

最後に、本登録で使うIDの確認メールが届きます。

後は管理画面からメールアドレスと登録されたIDを入力し、手順に沿っていくとアカウントIDの登録は終了です。


i2iアクセス解析のメリット

ここではi2iアクセス解析を使うメリットをお伝えしたいと思います。

アフィリエイトをする上で重要なことは、自分のブログが狙うキーワードで検索した時に何位に表示されているのか、さらにどれくらいのアクセスがあるのかを知ることは、その後そのブログに対してどのように施策をするかの大切な指標になります。

そんな時に、簡単にアクセスの状況を見ることができることがi2iアクセス解析を使う大きなメリットです。

また、アクセスを認識するのが非常に早いです。

以下は私のi2iアクセス解析の管理画面です。

この画面で登録しているブログ一覧を見ることができます。

赤枠内をクリックすると下記のように前日、前々日2日間のアクセス数が表示されます。

また、特定のブログの名前をクリックすると、クリックしたブログの詳細が下記のように表示されます。

下記画面ではここ数ヶ月を選択しているので、アクセスの流れを時系列で確認することができます。

もちろん当日のアクセス数もわかりますし、何時頃にアクセスが来たのかもグラフで把握することができます。


i2iアクセス解析のデメリット

一番のデメリットは広告が出てしまうことですね。

特にPCの場合は、それほど目立たないのですが、スマートフォンオ場合は画面が小さいので品の良くない広告が出てしまうことです。

広告を消そうとした場合は、有料版を利用することになりますが、i2iアクセス解析の場合は、

パソコン 1PV = 0.001円
スマホ  1PV = 0.008円

といったように、PVに応じて利用料金が変わる仕組みになっています。

当然ながらアクセス数が多いほど、料金は高くなってくるので、その場合には定額制に切り替える人もいます。

ご自身の状況を見て判断することをオススメします。

また、もう一つの欠点は、3ヶ月経つとデータは消えてしまいますので、直近3ヶ月で注意が必要です。

月に一回でよいので、アクセス解析のデータを画面コピーしておくとそれ以降のブログ作成の参考になると思います。


i2iアクセス解析を無料ブログに設置する方法

ココでは無料ブログ(ライブドアブログ)へのi2iアクセス解析を設置する方法を説明します。

まずは、i2iアクセス解析の管理画面の下記赤枠内[新規パーツ作成]をクリックします。

赤枠内[名称未決定]のところにブログタイトルを入力します。

下記画面のサイト名、サイトURL、タイプ(PCサイト ケイタイサイト ブログサイト)にチェックし、ジャンルを選んで赤枠内[確認へ進む]をクリックする

次に赤枠内[パーツ管理画面]をクリックする。

①がアクセス解析タグになるので、メモ帳などにコピーしておいてください。

②ブログ内に表示される画像タイプを選択しチェックを入れます。

③ タグタイプ決定をクリックします。

下記画面の左下の赤枠内[管理者除外設定]をクリックし、右上の[このIPを除外登録する]をクリックします。

そうすると除外登録されているIPに追加されていることを確認しておいてください。

ここで登録を忘れてしまうと 自分が記事作成のためにアクセスしたものもカウントされてしまいます

アクセス数を拾っている意味がなくなるので注意しましょう。

次に無料ブログ(ライブドアブログ)に先ほど保存したアクセス解析タグを設置します。

赤枠内[ブログ設定]をクリックします。

次に下記画像の赤枠内[PC]をクリックします。

ブログ設定>カスタマイズ>トップページの順にクリックして、下図のように、最後の</body>の手前にi2iアクセス解析で取得したアクセス解析タグを挿入します。

今回はライブドアブログで具体的に見てみましたが、他の無料ブログでも同じように</body>の手前にアクセス解析タグを挿入するケースが多いです。

その他の方法もあるかとは思いますが、主に使われている無料ブログとi2iアクセス解析で検索すれば、やり方はわかると思いますのでその都度対応してみてください。


i2iアクセス解析をシリウスに設置する方法

次にホームページ作成ソフトであるシリウスへのi2iアクセス解析の設置方法を説明します。

アクセス解析タグまでは、先ほど説明した無料ブログ(ライブドアブログ)と同じです。

下記のようにシリウスの[サイト全体の設定]のアクセス解析タグの欄にアクセス解析タグを挿入してください。

作業は一瞬で終わりますので、アクセス解析タグさえ間違ったものを使わなければ問題なく利用できます。


i2iアクセス解析をワードプレスに設置する方法

最後にワードプレスへのi2iアクセス解析の設置方法を説明します。

こちらもアクセス解析タグを取得するまでは同じ方法で行います。

ワードプレスの画面で外観>テーマ編集>の順にクリックします。

さらに、テーマフッターをクリックして、下図のように、最後の</body>の前にアクセス解析タグを挿入します。

これで設置は終了です。


i2iアクセス解析のまとめ

i2iアクセス解析は非常にシンプルなので、初心者の方でもどれくらいのアクセスがあるのかを簡単に把握することができます。

最後に注意点が1点あります。

それは、[管理者除外設定]で自分のIPアドレスを登録して、自分のアドレスを除外すると説明をしました。

このIPアドレスはグローバルアドレスに当たります。

実は、このIPアドレスですが、ルーターの電源が落ちたり、ちょっとした短い期間ですが、回線が途切れたりするとIPアドレスの数字が変わってしまいます

私自身もこのことに気が付かず、アクセス数を見誤ったこともあるので、記事を追加したりする際に、IPアドレスが除外されているものかを必ず確認しましょう。

ご登録はこちらをクリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です