検索順位チェックツールGRCの簡単な使い方!


GRCについて

GRCは公式サイト「SEOツールラボ」から配布されている一部無料の検索順位チェックツールです。

運営元は有限会社シェルウェアで、さまざまな検索順位チェックツールの中でも国内ではトップクラスで多くのアフィリエイターが利用しています。


GRCのライセンスの種類とおススメプラン

一部無料と記載をしましたが、無料版で使えるのは

・登録可能URL:3件

・検索キーワード:20個

・上位100位追跡2個

です。

実際に使おうとすると、すぐに上限がきてしまい使えなくなってしまうので、複数のサイトを持っている方、またこれから多くのサイトを作る予定の方は下記の有料版から自分が使うであろうプランを選択しましょう。

私自身は、現在ドメインを取っているサイトが、60URLほどあり今後も増やしていこうと思っているので、エキスパート14,580円(1年間)を購入しました。

ベーシック スタンダード エキスパート プロ アルティメット
料金(1年間・税込) 4,860円 9,720円 14,580円 19,440円 24,300円
期間 1年間 1年間 1年間 1年間 1年間
URL数 5 50 500 5,000 無制限
検索語数 500 5,000 50,000 500,000 無制限
上位追跡 5 50 500 5,000 無制限
リモート閲覧 利用可 利用可 利用可 利用可
CSV自動保存 利用可

 

上記の各項目の詳細については下記をクリック 

⇒ 検索順位の「見える化」なら検索順位チェックツールGRC


GRCエキスパートの私の使い方

現在はエキスパートで使っています。

登録するタイミングは、サイトが完成した時、個別ページを作成しアップした時の2回だけです。

ここで具体的に登録画面と登録方法を解説します。

サンプルサイト
URL:http://sample.com

サイト名:検索順位を調べるツールの重要性とは?

狙うキーワード:検索順位 調べる

 

① 新規で上記サイトを登録

管理画面の下記の通り、[編集]⇒ [項目新規追加]をクリックします。

 

次に、下記画面に上記のサイト情報を入力します。

この際に、1行にスペースを開けて入力すれば、複数後を登録することが可能です。

OKボタンをクリックすると下記のように登録完了します。

また、同じURLで個別ページを追加した場合は、項目追加のサイトURL欄にURLを入力します。

その際に、下記のように両サイドを”[半]二重引用符(始)で囲むことで、正確に目的としている個別ページの順位をチェックできます。

例)”http://sample.com/tuika.html”

 

② 指定時刻に順位チェックできるように時間を登録

管理画面のGRCボタンでも実行できますが、私の場合は指定時刻で順位チェックできるように設定しています。

その時間にパソコンの電源をONにしておけば、バックグラウンドで処理されますので、大変便利です。

ただ、その時間の登録はできませんので、その点注意しましょう。

その手順ですが、まずは下記のように[実行]⇒[指定時刻に順位チェック実行]をクリックします。

下記の画面が立ち上がりますので、[指定時刻に順位チェックを開始する]にチェックを入れて、開始する時間を設定し、OKをクリックします。

 

以上で、サイトの登録と検索実行の説明は終了です。


検索順位測定の目的とは?

実際のところ検索順位をチェックするという作業においては、seoの効果や検索順位のアップなどに直接結びつくことはありません。

じゃあ、なぜ検索順位を知る必要があるのか?

 

それは、自分がそのサイトに対して行なった施策によって、何かしらの効果があるのか、その影響を知ることに意味があります。

例えば、記事を追加したり、バックリンク用のサテライトサイトなどを作ったりした際に効果測定を行うことは非常に重要です。

また、GRCに登録しておくと、登録した日からの順位変動がひと目でわかるので、もしもグーグルのアルゴリズムの大きな変動があった時に自分のサイトがどのような影響を受けて順位がどうなったのか一目瞭然です。


順位が下がった場合に考えられること

ただ、GRCに登録して順位を見ているだけでは意味がありません。

一番気にしておくべきことは順位が下がった時ですね。

考えられることは3つ

① ユーザーに興味を持ってもらえずにすぐに離脱された時

② 自分のサイトの評価は変わらないが、ライバルサイトの順位が上がった時

③ グーグルのアルゴリズムの変動が起こった時

明確な理由は簡単には分かりませんが、いつのまにかずるずると順位が下がっていく時は、ライバルサイトの順位が上がっている可能性があります。

その際は、自分のサイトのブラッシュアップが必要になっているタイミングなので、取り残されないように記事追加や修正など行いましょう。


GRCを使ってサイト作りに生かす

せっかくGRCを使っていても、順位データを見ているだけではもったいないですよね。

大きく2つの視点で検索順位をチェックすることをおススメします。

その1.自身のサイトのSEOのレベルをチェック

GRCに登録したサイトが一定期間経過した時に、以前と比較して順位がどうなっているかをチェックします。

その際に気をつけるのは、自分のサイトの評価が変わらなくても、ライバルサイトは日々変動するため、順位が変わることが普通です。

つい毎日の順位が気になりますが、その度に一喜一憂せずにある程度間隔を決めて、SEOの測定の結果や方針変更などを考えましょう。

 

その2.サイト全体の動向を大きな視点で見る

検索キーワードとSEO対策をしたページの順位だけを個別に見るよりも、もう少しサイト全体のキーワードがどのような傾向なのかを見てみましょう。

GRCでは、前日比で上下の数字が矢印で表示されるので、そのサイト全体がどのような動きをしているのかを見極めて、サイト設計の方針を修正していきましょう。


まとめ

どうしても順位チェックを行なっていると、上がった下がったと一喜一憂しやすくなります。

せっかく集めたデータもすぐに改善していかないと意味がありません。

まずは、手を動かしていきましょう。

“検索順位チェックツールGRCの簡単な使い方!” への2件のフィードバック

  1. haruto より:

    こんにちは。harutoです。
    学びに来ました。
    SEO対策、キーワード選定など重要な作業であることは
    理解できました。検索順位の確認という事も、重要な作業
    の一つなんだ。という理屈は理解できます。
    こういう事も実際やられているんだ。
    何故必要か!
    順位が下がったときにこそ、理由を調べて、手を打つ
    サイトのケアをする。
    そのためには、順位の監視をすることなのだ。
    と痛感しました。
    まだまだ学ぶことが多いです。泣
    何時までも初心者とか言ってられないし、
    かといって知らないことがおおいです。
    今は本業の片手間で、進めている状態ですが、
    アフィリエイトでの収入を目指すにはもっと、
    もっと、力を入れないと!
    と感じています。
    0→1の感動を体験すると激変するだろうと
    想像しています。

    ありがとうございました。

    • ryotakakura より:

      harutoさん
      コメントありがとうございます。

      GRCを使い始めてからわかったことの一つに
      自分が行なった施策に対しての変化がわかること
      が挙げられます。

      記事を追加したり、修正したり、中古ドメインを
      使ったり、大きな変化をした時に、その結果が
      GRCやi2iアクセス解析などに顕著に表れると
      次の手を打ちやすいですから。

      副業でされていということ、大変だと思いますが
      頑張ってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です