アフィリエイト初心者でも間単に使えるPhotoScapeのインストールと使い方

あなたが何か調べものをしようとして、ネットで検索した場合文字ばかりのサイトは見にくくて、すぐにそのサイトは閉じて他のサイトを見たという思ったことはありませんか?

アフィリエイトする際にも、いくらユーザーに役に立つ情報があっても、文字ばかりでは見てもらうことができませんよね。

自分で撮った写真を自分のブログに貼り付ける時に、写真の中に文字や矢印などを入れたり、個人情報などを消したりするような簡単な加工するツールがあると便利です。

ここでは、操作方法も簡単な【PhotoScape】という画像処理ソフトのインストールの仕方と簡単な使い方を紹介したいと思います。


【PhotoScape】をネット上で探す

まずは、検索窓に【photoScape】と入力しダウンロードできるサイトを探します。

下記の赤枠内のサイトをクリックします。


【PhotoScape】をインストールする

中央部赤枠内の[ダウンロード]をクリックします。

 

引き続き下記赤枠内の[ダウンロード]をクリックします。

 

下記画像の赤枠内[Download Now]をクリックします。

 

下記画像の中央上部の赤枠内[Download Now]をクリックします。

 

ダウンロードが完了し、下記フォルダのようにファイルが保存されています。

この時点でウイルスの心配があるようならば、ウイルスソフトでファイルのウイルスチェックをしておきましょう。


【PhotoScape】をインストールする

続いて上記ファイル[PhotoScapeSetup_v3.7.exe]をダブルクリックすると、下記画面に変わります。

下図の赤枠内の[インストール]をクリックします。

 

インストールが完了しました。

 

完了をクリックすると、【PhotoScape】のトップページ画面が表示されれば無事インストール完了です。

デスクトップに【PhotoScape】のアイコンが表示されているので、必要の際にはアイコンをダブルクリックして画像処理を行います。

【PhotoScape】の使い方

【PhotoScape】にはさまざまな機能がありますが、その中でアフィリエイトで画像処理として良く使う機能を抜粋して紹介します。

実際にこのページも【PhotoScape】を使っています。

また、アフィリエイト初心者でも簡単にキャプチャできるツール【キャプラ】を併用して使っていますので紹介します。

1.使い方その1

準備した画像に図形(この場合は赤枠)を表示する。

キャプラでPhotoScapeのトップページをキャプチャした画像を下記の手順で読み込みます。

【PhotoScape】出来ること。下記のようにデスクトップの画像を読み込みます。

 

下図の青枠のようにして、[オブジェクト]をクリックして、右上の画像編集をクリックします。

今回は赤枠にしていますが、[オブジェクト]にある形状のものが自由に使えます。

 

次は、文字を挿入します。

まずは[オブジェクト]をクリックし、[T]をクリックします。

そうすると、下図のようにテキスト入力用の画面が開きますので、テキストの種類や大きさ、色を選んでOKをクリックします。すると画面内にテクストが表示されますので、入力したい場所に移動させます。

 

最後になりますが、上記画面でも個人の情報などを見せたくない場合は、ぼかしを入れることができます。

下図のように、[ツール][モザイク][ジッター]の順にクリックして、ぼかしを入れたい部分をドラッグで囲みます。

 

今ご覧になっている画像はキャプラと【PhotoScape】を組み合わせて作成しています。

基本的にキャプラはデスクトップ上であればすべてキャプチャができますので、キャプチャしてきた画像を【PhotoScape】を使って、図形・文字の挿入、ぼかしなど簡単に処理ができます。

作業効率がアップするので是非試してみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です