アフィリエイトのサイトとブログの違いは?両者を比較してみた!

アフィリエイトのスタイルとして、サイトアフィリエイトとブログアフィリエイトと呼ばれるものがあります。

アフィリエイトを取り組む際に、二つの特徴とそれぞれがどんな人に向いているか紹介したいと思います。


サイトアフィリエイトの特徴とは?

サイトアフィリエイトは、一つのテーマに関して、情報を網羅しているので、書籍や雑誌、またパンフレットのようなイメージに近いです。

そのため、ネットを公開する時点で、ある程度の情報が網羅されている必要があり企業が運営しているケースが多いです。

 

公開時には、ある程度完成された状態になっているので、公開した後の更新頻度はあまり多くありません。

トップページを設置しているケースが多いといった特徴もあります。

 

サイトの作成者の個性や考え方などはあまり強く反映されておらず、専門性の高い分野に使われているケースが多いこともその特徴の一つです。

 

また、サイトアフィリエイトでは、成果報酬型のASPが使われていることが多いです。テーマを絞って作られているので、少ないアクセスでも報酬を得やすいといった特徴があります。


ブログアフィリエイトの特徴とは?

ブログアフィリエイトは、日記のようなもので、新規記事の追加や記事の更新が頻繁に行われているものです。

コンテンツをどんどん追加をすることができるため、基本的に完成というゴールがないブログになります。

 

サイトの場合よりも、運営者の主観が多くて、莫大なアクセス数になるケースもあります。

ブログアフィリエイトの場合は、Googleアドセンス、ASPと収入源も多彩にあります。

 

また、問い合わせフォームを設置しているケースが多いので、読者とのやり取りも多くなります


サイトアフィリエイトはこんな人が向いている!

サイトアフィリエイトを個人で運用する場合、専門的な知識のあるジャンルで、最初からサイトの構成を考えて、じっくりと作り上げていける人に向いています。

 

企業などのサイトの場合は、公開した時点で完成した形で公開する必要が出てきますが、個人で行う場合では、最初に全体の構成を考えて作り始め、徐々にサイト自体を大きくし紹介できるアフィリエイトプログラム(商品・サービス)を増やしていくことで収益をアップすることが出来ます。

 

また、WEB上であまり自分を出したくない場合も、ブログアフィリエイトよりもサイトアフィリエイトの方が向いていますね。


ブログアフィリエイトはこんな人が向いている!

ブログアフィリエイトに向いている人の特徴は以下のようなタイプの人です。

 

① ブログ内で自分の個性を全面的に出していける外交的な人

② 趣味・特技が多くあって、それを発信したい人

③ 問い合わせフォームもあるので、読者と交流したい人

 

ブログの場合は、自分を出してブランディングすることでPVを増やすことが行ないやすいので、自分を売り込んでファンを作ることが出来れば、爆発的にアクセスを増やすことができます。当然ながら紹介した商品も売れやすくなるので、報酬もアップしてきます。

 

もし、書いているブログをお気に入りに登録してもらえるようなファンが増えてくれば、商品についての細かな詳細の説明をしなくても、「あの人が薦めている商品だから買ってみよう」と簡単に報酬につながります。


まとめ

今回はサイトアフィリエイトとブログアフィリエイトの違いということで紹介しました。

アフィリエイト初心者が個人でスタートする場合ですが、いきなり大きなサイトを作ることは難しいので、少しずつ増やしていけるブログアフィリエイトの方が入りやすいのではないかと思います。

【関連記事】

⇒ 「アフィリエイト初心者が受けた方がいいASPおススメ講座はどれ?」はコチラ

⇒ 「アフィリエイト初心者のジャンルの決め方はこれだ!」はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください